どうぶつセレモニーおおぞら 〒916-0017福井県鯖江市神明町2丁目10-36 ホームに戻るHOMEお問合せフォームへお問合せ会社概要・アクセスシステム・各セレモニー明確料金納骨・供養良くあるご質問斎場長からその他の情報おおぞら歩録(ブログ)
トップ斎場長から>24時間後の火葬
斎場長から

斎場長紹介

24時間後の火葬

24時間後の火葬A

もし愛する動物さんが
   亡くなったら…


土葬ではなく火葬を

動物の遺骨を人の墓に

すぐにご連絡を

事故死ゼロへの願い

大問題!糞放置!!

飼い主が亡くなったら

飼う前にチェック

子供にとっての動物の死

飼い主次第でごみ扱い?


★おおぞら情報★

スマートフォン(スマホ)専用サイト|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
スマートフォン
(スマホ)
専用サイト



おおぞらのメディア経歴|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
メディア・取材経歴


可愛いメモリアルグッズ(仏具)ページ|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
かわいいメモリアル
グッズ(仏具)



動物愛護・地域貢献活動|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
当社動物愛護
地域貢献活動



おおぞら環境省小委員会出席|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
環境省 小委員会出席


公益社団法人 日本愛玩動物協会 福井県支所(JPCA・愛動協)事務所|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
(公社)日本愛玩動物協会
連携団体
福井県愛玩動物協会



北陸動物葬祭協会 代表&事務局|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
北陸動物葬祭協会 代表&事務局|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら北陸動物葬祭協会北陸動物葬祭協会 代表&事務局|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
(北動協)代表・事務局



ペット移動火葬車・訪問火葬車について
ペット移動火葬車
訪問火葬車について



スマートフォン(スマホ)専用サイト|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
スマートフォン
サイト・コード



どうぶつセレモニーおおぞらのブログ|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
どうぶつセレモニー
おおぞら
ブ ロ グ



どうぶつセレモニーおおぞらマーク|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
おおぞらマーク



埼玉県ペット(犬猫)遺体遺棄事件を参考に
埼玉県ペット遺体
遺棄事件を参考に



動物霊園火葬埋葬法の制定をめざす会|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
新法・動物霊園
火葬埋葬法の

制定をめざす会
(動葬会)



福井県動物愛護
推進宣言事業所
詳しくは福井県庁HP



ペット葬儀社のクチコミ・
口コミサイト等にたくさんの
ご意見・ご感想を頂き誠に
ありがとうございます。
スタッフ一同励みにし今後も
更なるセレモニーの向上に
繋げたいと考えています。



 人も動物も死亡後 最低24時間後の火葬
全国のペット葬儀社さんの広告、宣伝、ホームページ等に「ペットは家族の一員」「愛すべきペット」「人間同様」等と謳われています。
    しかし火葬となると・・・
人 間




死後24時間後の火葬

〈法律で守られている。
厚労省の法律 第3条〉
動物・ペット




死後即火葬が行われている
〈火葬までの時間は「廃棄
物」や「物」と同じ〉
                         これは大変危険です。
広告や宣伝に「ペットは家族の一員」「愛すべきペット」「人間同様」等と謳っていながら、ペット葬儀社の本業でもある火葬業務で、死後即火葬が行われている事は非常に残念ですし、強い矛盾を感じます。
なぜ人間の場合、
(約140年前から)法律により死後24時間後の火葬しか出来ないのか?自分が死後即火葬されたらどう思うか?
などをもう一度考えて頂き、動物さんの火葬行為での生命尊重を行って頂きたいと思います。
 
 こちらも参考に Yahoo知恵袋
人間葬儀社さんブログ
 2010年11月 環境省動物愛護管理法改正小委員会にて
 委員の先生からこのような発言が

「この法律の中でもし規制をかけるのであれば、一番重視していきたいのは、やっぱり動物が死ぬか、死なないかの瀬戸際の部分です。実際に出会う可能性があるということ。感染症を持って死んだかもしれない動物や虐待を受けて死んだかもしれない動物を実際に業者は扱うということで、動物が生きているか死んでいるかを見る可能性が、現状としてあると思うんです。獣医師の診断書が必ず必要だという規制とかも、多分ないのではないかと思いますので、その部分を規制をかけるということは、可能性として一番あるのかなと思いました。 」

 環境省  環境省
小委員会様子
 環境省ホームページで
直接ご覧になりたい方はコチラ

以前、厚生労働省に問い合わせて聞いてみましたら、「やはり蘇生の問題があるからそうなったのでしょう」と。


ある人間の医師や獣医師にお聞きしても、「死んだと思っていても仮死状態であったり、低体温であったりとする場合がある。医療資格を持たない人の死亡判断は間違っている場合も。」と言う返答。

          
頭部を銃弾で打ち込まれ、死亡したと判断され冷凍庫に2時間入っていたが生きていたケース
平成15年4月 福井新聞記事

埋葬猫復活
平成27年2月 福井新聞記事

 ある書籍に書いてあったのですが、昔イギリスでは人の埋葬の際、土中での生き返りを無くす意味で、死亡確認がされていても埋葬する前に、外科医に長い針で心臓を突き刺してもらうのが上流階級で流行っていたと書いてありました。

 世界的に調べていきますと、埋葬する国は24時間後という基準を設けてないことが多く、火葬する国は設けているところが多いです。その辺もきちんと調べ、いずれデータを出せたらと思います。
 最近当社と同じ、死後24時間の火葬を取り入れているペット葬儀社さんが、東京や神奈川県を始め、増えてきています。

又、愛知県では人間同様、獣医師による
死亡診断書の確認後の火葬、東京都では獣医師にいる死亡診断を推奨するペット葬儀社さんもあります。




                  戻る


HOME会社概要アクセスシステムお料金納骨供養Q&A斎場長からその他の情報
         
           当ホームページは、Internet Explorer6 SP2、Firefox 1.5、AcrobatReader5.0以上でご覧頂くことをお勧めします。
              掲載されてるすべての文章・画像に関して、一切の無断転載を禁止します。
              
Copyright(C)2002 Animal Ceremony OOZORA、Allrights Reserved.