福井ペット葬儀社・動物火葬場おおぞら|福井市敦賀市等福井県全域対象|犬猫等

福井県ペット葬儀社 どうぶつセレモニーおおぞらのブログ&スマホ(スマートフォン)専用ホームページ。

ペット移動火葬車・訪問火葬車について

ペット移動火葬車・訪問火葬車について

 

大切な家族を葬送儀礼の火葬で送り出してあげて下さい。 

 

近年大切なペットちゃんの火葬を、移動火葬車(訪問火葬車)で行う業者が存在しています。

トラックやワゴンの中に焼却炉みたいな物(火葬炉とは程遠い)を載せ、自宅で見送れるという謳い文句で行うという手法らしいです。

移動火葬車 外観

移動火葬車 火葬炉

※トラックではなく、ハイエースみたいなバンタイプや軽自動車タイプも有ります。

移動火葬車 バンタイプ

(火葬炉と言われるものはトラックやバンなどには大きさ的に収まりません。サイクロン集塵機やバグフィルターが無かったり、再燃室滞留時間2秒もないレベルだと思われます。)

 

あなたの大切な人や家族が亡くなった時、このような移動火葬車で、トラックやワゴン車の荷台で、火葬を依頼しますか?

 

自宅の前で火葬なんて発想になりますか?

動物さんとの死別 画像

“動物だから” という考えなのでしょうか?

“動物だから”と横行している、何でもありのこの移動火葬車、人間では時代がどう変化しようが考えられない手法です。

 

移動火葬車につきましては、発祥当時から現在まで、社会問題(環境問題・火葬能力の問題・安全問題・道路交通法への抵触)など様々な問題が発生しております。

2013.10.21 毎日新聞

毎日新聞(クリック拡大)

2017.9.21女性セブン

女性セブン(クリック拡大)

 

反社会組織が殺人の証拠隠滅に移動火葬車を使用した事件

2008.2.6 中日新聞

中日新聞(クリック拡大)

その他記事

2013.2 月刊SPA

全国紙月刊SPA(クリック拡大)

 

火葬が始まり急に態度を変え、20万円以上請求する事件

2009.6.9 夕刊フジ

夕刊フジ(クリック拡大)

2007.11.17 毎日新聞

毎日新聞(クリック拡大)

 

自治体によっては条例で規制しているところもあります。

 

また警察署などの使用許可を取らずに、無断で道路や私有地以外の場所で火葬(営業)している移動火葬車がいます。

 

お料金を頂いて行なっている行為(商売行為)ですから、必ず許可が必要です。

※どんな火葬も20分以内で終わるものはありません。最初の再燃室を800度以上上げるだけ数分要します。

 

『道路交通法』に抵触する恐れがあります。

移動火葬車 画像

ん?と思ったらすぐに最寄りの警察署にご相談下さい。

 

火葬は1000℃近くまで温度が上がる行為ですし、灯油などの燃料を火葬すぐ近くに積載していることから火事や爆発の危険性もあります。

爆発 画像

→ コチラ (NETの爆弾参照)

 

『火葬』は、亡くなったぺットちゃんを弔う儀礼であって、安易に、簡単に、ただ “ご遺体” を “お骨” にするということではありません。大切な葬送儀礼の一儀礼です。

 

日常生活は、大変便利な世の中になっていますが、利便性だけを追求した結果、大切なことを見失ってはなりません。

 

動物愛護画像

おおぞらは、家族の一員であるペットちゃんへ、感謝の気持ちと命の尊厳を持ったお見送りをするために、人間に準じた火葬、納骨、供養を行っております。

 

おおぞらは人間と同じ固定火葬炉(建物内の火葬炉)にて火葬し、お骨上げまで専門のスタッフが丁寧にお手伝いさせていただきます。

火葬場

人間と同じおおぞらの火葬場

 

儀式を行うことは、亡くなったペットちゃんのためだけではなく、ペットちゃんを亡くされたご家族の悲しみや悼みを和らげてくれます。

 

どうぞ、家族の一員である大切なペットちゃんのために、弔いの儀礼としてお見送りいただきますことを願っております。

 

 

« »