ホームに戻るHOMEお問合せフォームへお問合せ会社概要・アクセスシステム・各セレモニー明確料金納骨・供養良くあるご質問斎場長からその他の情報おおぞら歩録(ブログ)
  トップ斎場長から>土葬ではなく火葬を
斎場長から

斎場長紹介

24時間後の火葬

24時間後の火葬A

もし愛する動物さんが
   亡くなったら…


土葬ではなく火葬を

動物の遺骨を人の墓に

すぐにご連絡を

事故死ゼロへの願い

大問題!糞放置!!

飼い主が亡くなったら

飼う前にチェック

子供にとっての動物の死

飼い主次第でごみ扱い?


★おおぞら情報★

スマートフォン(スマホ)専用サイト|福井ペット火葬 ペット葬儀社 おおぞら
スマートフォン
(スマホ)
専用サイト


動物愛護・地域貢献活動
当社動物愛護
地域貢献活動



環境省ホームページへ
環境省 小委員会出席


可愛いメモリアルグッズ(仏具)ページヘ
可愛いメモリアル
グッズ(仏具)



公益社団法人 日本愛玩動物協会 福井県支部(JPCA・愛動協)
(公社)日本愛玩動物協会
福井県支部(愛動協)



北陸動物葬祭協会ホームページへ
北陸動物葬祭協会
(北動協)代表・事務局


どうぶつセレモニーおおぞら携帯電話用ホームページ
携帯電話用
ホームページ



どうぶつセレモニーおおぞらマーク
おおぞらマーク





近年、環境問題や公衆衛生等の問題は大きな社会問題となっております。
動物飼育の増加と共に、動物の葬送方法等も注目されるようになってきました。

特に土葬の場合、
法的な問題があったり、土葬してから最低でも60年以上は土に還らない、又は還らないなど、様々なことを考慮しなければなりません。

土葬や火葬について下記のようにまとめてみました。


土葬しますと人の約数百万倍の嗅覚を持つ野生動物に掘り起こされる危険性は極めて高いです。過去、福井県でも何件かそのような例がありました。
自分の所有する土地に土葬しても、周囲に悪臭を発生させたり、水源を汚染させたりすると、民法709条の不法行為責任として損害賠償を請求されることがあります。
私有地以外の土地で土葬をすれば、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により処罰されることがあります。動物の死体は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」による『廃棄物』に含まれます。同法25条8号は、みだりに廃棄物を捨てることに対しては、5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金を科すことになっています。

ですから、動物の死体を無断で公共の土地に土葬することは、これに該当します。
他人の土地で土葬をしたら、その所有権を侵害したものして、民法709条の不法行為責任として死体の撤去及び損害賠償を請求されることがあります。
公共の土地で土葬をすると、「軽犯罪法」により処罰されることがあります。軽犯罪法1条27号では『公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚染物又は廃物を捨てた者』は拘留(1日以上30日未満)又は科料(1千円以上1万円未満)に処するとの規定があり、これに触れます。
ご遺体を川に流す行為も同様に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により懲役又は罰金を科される可能性があります。又、上水道の水源となる河川に動物の遺体を流した場合は、刑法143条の水道汚染罪に該当し、懲役刑に処せられる可能性があります。
ビニールや合成樹脂、合成繊維など容易に土に分解されないもので、ご遺体を包んでの土葬は避けるべきだと思います。
 人の場合ですと土葬は墓地埋葬法により地面下2m以上でないと土葬が出来ません。本来土葬するということは、それくらい厳重な注意が必要です。それに現在、人の土葬は全国で全体の1%にも満たないです。又、日本の火葬率は世界一です。
火葬により有害な細菌類を死滅させ、無害化が行われているため、感染症その他の疾病の予防効果が得られます。
火葬により腐敗性(人も動物の死後直後から腐敗が進行します)を有する遺体を無機化し、化学的に安定させ、腐敗現象や悪臭発散、土壌汚染を生じさせないという周辺環境悪化の防止効果が得られます。
火葬は人為的な風化作用が行われ、短時間に骨灰となるので、自然還元速度の短縮化が得られます。
動物先進国と言われているアメリカの多くの都市では、隣近所の迷惑や公衆衛生上の観点から、庭(自己所有地)への土葬を禁じているとことが多いです。
生と死の精神的区切りや死の受容という観点からは、生存の頃の形で土の中で数十年も残る土葬よりも、お骨だけになる火葬の方がスムーズに行くものと思われます。
従前から人の火葬率の低かったアメリカやイギリスでも、近年伝染病予防を目的とし火葬は増加傾向にあります。
史学的に火葬の歴史は、700年に道昭という僧侶が日本で初めて火葬されました(考古学的にはもっと昔です。)日本の火葬の歴史は、1300年以上あり、家族の一員と呼ばれるようになってきた動物も、火葬してあげることが自然な流れだと思います。

 酸性土壌はお骨が溶けやすくなっています。日本の土壌は排気ガスが原因とされる酸性雨の影響等で、表面は酸性土壌が多いです。しかし土葬する場合は土の中になるために、この影響は受けにくくなります。現に、日本最古のペット葬儀社の墓地において60年以上も前の遺骨がほぼ埋葬時と同じような状態で発掘されています。その他のペット葬儀社でも同じようなことが起きています。

 歴史上で見てみましても、ワンちゃんの遺骨は縄文時代、ネコちゃんの遺骨は弥生時代の物が発掘されています(例 2016.8.13 福井新聞 福井県若狭町でも縄文時代のワンちゃんの頭蓋骨発見)

 また、建設・土建業の方からは重機などの掘削の際、土壌から動物のお骨らしきものが発掘された話を良く聞きます。(例 2013.1.16 福井新聞 人骨発掘)

 上記のようなことからも、もし土葬をするのであれば、火葬してお骨だけを、自分の所有する土地に火葬してあげることが一番良い方法ですが、最低60年以上還らない、又は土に還らないこともありえることから(土壌の状態により変化)、長期的にその埋葬場所が不変的なものかどうかも検討する余地があります。


                     戻る


HOME会社概要アクセスシステムお料金納骨供養Q&A斎場長からその他の情報
         
           当ホームページは、Internet Explorer6 SP2、Firefox 1.5、AcrobatReader5.0以上でご覧頂くことをお勧めします。
              掲載されてるすべての文章・画像に関して、一切の無断転載を禁止します。
              
Copyright(C)2002 Animal Ceremony OOZORA、Allrights Reserved.